物件選びのお問い合わせは…

掲載物件以外にも堀出し物件多数有ります!!

  • 電話06-6777-7021(受付時間:10時~19時、土日祝除く)
  • お問い合わせフォームはこちら(受付時間:24時間)

不動産物件は、事業を行う上で最重要項目の一つです。貴社の状況により不動産物件を選ぶポイントは異なりますが、日々の不動産マーケットと貴社事業のマーケットを照らし合わせ、中長期の視野を持って物件を選ぶのが好ましいでしょう。スタナビでは、貴社のパートナーとして最善の事業用物件をご紹介いたします!!

事業用物件を探す5つの心得をお教えします!

  1. 心得その1「立地・交通」拠点の立地と交通を調べるべし。その極意とは?
  2. 心得その2「間取り・面積」面積から間取りを考えつくすべし。その極意とは?
  3. 心得その3「相場」相場の水準を把握すべし。その極意とは?
  4. 心得その4「設備」設備の事前確認を怠るべからず。その極意とは?
  5. 心得その5「ビルの質」ビル自体の質も確認すべし。その極意とは?

事業用物件選びの心得 その1:立地・交通~拠点の立地と交通を調べるべし。

どこに拠点を置くかで普段の業務効率が変わります!!

現代は、パソコンさえあればどこでもビジネスが展開できるような情報化社会です。
海外の会社ともメールやインターネットで簡単に取引ができるようになりました。
ただ、だからと言って何も考えずに拠点(事務所・物流施設・営業所等)を構えてしまうと、逆に業務効率が下がる結果になりかねません。
最寄駅からの距離や車でのアクセスが良いか?(立地)、
最寄駅・拠点から営業エリアまで電車・車での移動時間は普段どのぐらいかかるか?(交通)を必ずシミュレーションしましょう。
取引先が近隣に多いとか、営業活動を行うエリア内であるというのも拠点選びの大切なポイントになるでしょう。

事業用物件選びの心得 その2:間取り・面積~面積から間取りを考えつくすべし。

どのような間取りが取れるかをシミュレーションすることで、
仕事のイメージが鮮明になります!!

職種や業種によって『レイアウト』は異なります。間取りからレイアウトを決めることで、何人の人が業務に従事するのか・できるのかなど、仕事のイメージが鮮明になってきます。
事業を行う上で、人の問題は切り離せません。
例えば、近い将来『増員計画』を検討しているのであれば、余裕を持った面積・間取りを選ぶべきでしょう。
あるいは、コスト面を重視するなら、限られた面積・間取りの中で快適に業務が行えるレイアウトが取れる物件を選ばなければなりません。
立地と交通(心得その1)の便が良く、さらに業務の空間も最適ならば、働いている方も大変居心地が良いのではないでしょうか?

事業用物件選びの心得 その3:相場~相場の水準を把握すべし。

不動産はエリアと年代によって、相場水準が異なります!!!

皆様方もご存じの通り、『バブル崩壊』後、不動産相場は一部の都心部を除いて下がり続けています。
また、開発で新しいビルがどんどんと立ち並び、都心部でも空洞化現象が顕著に表れてきています。
事業用物件は住居に比べて家賃も高額であるため、なかなかテナントが見つからず、家賃を下げざるをえないビルも数多く見受けられます。
このような状況下において、今後も不動産相場は下がり続けるというのが一般的な見解です。
この時期に拠点を移し、コスト削減あるいは事業の拡張を行うことは、良い選択なのかもしれません。
つまりは日々の不動産相場を把握しておくことが、貴社の今後の事業展開を検討する良い判断材料になるでしょう。

事業用物件選びの心得 その4:設備~設備の事前確認を怠るべからず・

建物に備わっている設備は事前に確認しないと、
周りとの違いに後から気づくことになります!!

立地・交通(心得その1)間取り・面積(心得その2)経済条件(心得その3)をクリアすると、
最終的な判断は『どのような設備がビルに備わっているか』がキーとなります。
設備の代表的な項目に、【駐車場、フロア仕様、空調、照明、セキュリティシステム、インターネット環境、エレベーター、給湯室やトイレ、防犯システム、電動シャッター、リフト、動力設備】 などがあります。
これらの設備がどのような状態かを確認し、納得した上で入居しましょう。
新しく設備をリニューアルしているビルもあれば、少々年数が経っていても手入れの行き届いているビルもありますので、新築ビルにこだわらなくても納得のいく物件は必ず存在するはずです。

事業用物件選びの心得 その5:ビルの質~ビル自体の質も確認すべし。

設備だけではなく、不動産そのものの状態も重要です!!!

設備(心得その4)だけでなく、ビルの外観やどんなテナントが入居しているかも重要なポイントです。
クライアントが貴社を訪れた際、手入れの行き届いた綺麗な物件とそうでない物件とでは
どちらの方がイメージがいいでしょうか?
また、良いと思ったビルでも、あまりにも業種イメージの異なる特異なテナントが入居している場合は、
貴社のイメージが少し変わってしまう可能性もあります。
なお、年数が古い物件でも、大規模修繕工事を行い、綺麗な状態を保ち続けている物件は数多く見受けられます。そのような年数の経っている物件は当時の趣を残しているので、新築ビルよりも落ち着いた良い空間になっているケースも多いのです。
物件を選ぶ際には、実際に現地に足を運んで、管理状況をご自身の目で確認するのが望ましいでしょう。

物件選びのお問い合わせは…

掲載物件以外にも堀出し物件多数有ります!!

  • 電話06-6777-7021(受付時間:10時~19時、土日祝除く)
  • お問い合わせフォームはこちら(受付時間:24時間)

お問い合わせからご案内までの流れ

電話でのお問い合わせ

  1. 1.お電話下さい
    10時~19時(土日祝を除く)にお電話下さい。
    「収益物件について」とお話いただくか
    当ページを開いてご要望をお話いただくと
    スムーズな対応が可能です。
  2. 2.ヒアリング
    お探しの物件やご所有物件のことなど
    何でもご相談下さい。
    スタNAVIサイトに関するご質問なら
    どのようなことでもお伺いいたします。
  3. 3.最適物件のご提案
    スタNAVIサイトで物件を一緒にお探しいたします。
    条件によりご希望の物件がすぐに
    見つからない場合でも、
    見つかるまでお客様とご一緒にお探しします。
  4. 4.内覧会のご手配
    気になる物件が見つかりましたら
    物件の内覧会をご手配いたします。
    実際に現地に足を運んで物件をご覧下さい。

メールでのお問い合わせ

  1. 1.必要項目入力
    メールでご連絡いただく場合は
    24時間いつでもお問い合わせ下さい。
    お探しの物件やご所有物件のことなど
    何でもご相談ください。
  2. 2.送信
    ご相談内容を入力いただきましたら
    送信ボタンを押して下さい。
  3. 3.ご連絡
    お客様からメールが届いて3日以内に
    当社の担当者よりご連絡させていただきます。
  4. 4.対面でのご提案
    対面でのご相談をご希望のお客様には
    ご都合の合う日程を調整させていただきます。
    メールや電話より対面のほうが
    お客様のご要望が伝わります。

物件選びのお問い合わせは…

掲載物件以外にも堀出し物件多数有ります!!

  • 電話06-6777-7021(受付時間:10時~19時、土日祝除く)
  • お問い合わせフォームはこちら(受付時間:24時間)
【ご案内サービスに関して】
※電話でのお問い合わせでは、個別具体的な回答ができないことがあります。
※電話で頂いた事柄に関しましては守秘義務を厳守致します。(知り得た相談内容・情報等は一切社外に漏れることはございません。)
※不動産の取引き等に関する最終判断は自己責任で行って下さい。
【必ずお読みください】本サービスにおける個人情報の取扱いについて
以下、ご承諾いただいた上でメール送信を実行してください。
株式会社スタンダード・パートナーズ(以下「当社」といいます)は、本サービスを円滑に運用するために、
お客様の個人情報をサービスご利用の控えとして一定期間保管いたします。お問合せの内容等は、集計処理のうえ、個人を特定できない形で統計として活用させていただく場合がございます。
当社の個人情報の取扱い方針については、下記プライバシーポリシーをご覧ください。